禁煙補助剤として有名なニコレット

ニコレットは、禁煙を試みた事のある方ならば、一度は試した事のある禁煙補助剤ではないでしょうか。しかも、医師の処方箋いらずで、どなたでも気軽に試せます。そんなニコレットをご紹介します。

CMでもお馴染のニコレットの作用

CMなどで盛んに宣伝されているニコレットは、禁煙をサポートするために製造されている医薬品です。ガムの中にはニコチンが配合されており、歯茎に貼り付けることにより口腔から補給するという使い方です。これにより、タバコを吸わなくても禁断症状に見舞われないので、苦痛を感じずに禁煙できることになります。

ニコレットは、ニコチン置換療法というヨーロッパで考案された理念をベースとした商品です。これは、禁煙するにあたって最大の障壁となるニコチンをタバコ以外の方法で補給するという内容で、タールや一酸化炭素といった他の有害物質を遮断することが可能です。このために、タバコからニコレットに代えた時点で、かなり健康状態は改善されることになります。

CMでも紹介されている様に、タバコの煙に含まれている有害物質は100種類以上に達します。特に、タールは発がん物質であり、健康に対して深刻な悪影響を及ぼしてしまいます。また、副流煙により周囲で生活している人にも迷惑をかけることになるので、ニコレットに代えるということは周りの人にもメリットがあるということです。

なおニコチンの具体的な作用はというと、脳内のアセチルコリン受容体と結合することにより快楽物質のドーパミンを放出するという内容です。このために、タバコを吸うと一時的に気持ち良くなると感じる作用があります。しかし、ニコチンが体外へ排出されるに従い、今度は逆に不快物質のノルアドレナリンが分泌されます。非常にイライラとした気分になり、タバコを吸わずにはいられなくなります。

そこでCMでもお馴染のニコレットを使用することにより、このイライラを鎮めることが出来ます。これはニコチンの作用によるものですが、タバコよりも時間がかかるので、中毒症状はそれほど強く有りません。このために、ニコレットはタバコよりも簡単にやめることが出来ます。