禁煙補助剤として有名なニコレット

ニコレットは、禁煙を試みた事のある方ならば、一度は試した事のある禁煙補助剤ではないでしょうか。しかも、医師の処方箋いらずで、どなたでも気軽に試せます。そんなニコレットをご紹介します。

車内禁煙とニコレットの特長と医療における禁煙治療

最近は煙草に対する規制が厳しくなっており、分煙化や全面禁煙と言った施設が多くなっています。
職場などでも自分の席で煙草を吸う事が出来る企業は少なく、大半の場合が喫煙をする場合は喫煙所と言った専用の部屋に出かけて煙草を吸う必要が在ります。

分煙化と言うのは煙草を吸わない人の健康に対する害をなくす目的で実施されているもので、受動喫煙による健康被害を受けるリスクが在る事からも分煙化がすすめられていると言う事です。

車の車内、電車の車内、飛行機の中など、人が集まる場所などでは禁煙になっているケースが多く、車を利用して仕事をする人も、会社の車の車内が禁煙になっていると言った場合、運転をしながらの喫煙は出来ないため、ニコレットなどを利用して禁煙を開始する人もいます。

医療の中では禁煙外来と言われている診療科を持つ病院施設も在ります。
禁煙をすることで自分の体を健康な状態に戻すことが出来る事や、煙草の値段の上昇などにより医療を利用しての治療を考える人もいます。

また、医療現場においても従来灰皿が設置されていた病院施設も、現在では灰皿も撤去されており、病院の敷地内は全面禁煙を実施している医療現場も少なく在りません。
そのため、医師の中でも喫煙をする人は禁煙をしていく必要が在るわけです。

ニコレットは吸いたくなった時に利用する禁煙補助剤で、1個のニコレットのガムを30~60分ほどかけてゆっくりと噛む事で煙草への欲求を減らす効果を持ちます。

尚、ニコレットは3か月を目安に使用するのが特徴で、最初は1日数個を利用して禁煙を実施し、徐々に使用料を減らして行って、1日の使用個数が1個から2個になった段階で使用を止めると言った使用方法で禁煙を達成させる禁煙補助剤です。