禁煙補助剤として有名なニコレット

ニコレットは、禁煙を試みた事のある方ならば、一度は試した事のある禁煙補助剤ではないでしょうか。しかも、医師の処方箋いらずで、どなたでも気軽に試せます。そんなニコレットをご紹介します。

外国より値上げされているに日本のニコレット

ニコレットはニコチンを含有するガムです。
(煙草は体に悪いから、禁煙したい」と考えても、煙草の中にふくまれているニコチンが、脳内でニコチン受容体と結びついて、ドーパミンと言う物質をだし、このドーパミンが人に快楽を感じさせるので、簡単に煙草を止めることはできません。
煙草ガス田句なった時にニコレットを噛むと、ニコレットからニコチンが出て口の中から吸収され血液中を通って脳に達し、ニコチン受容体と結びつき、煙草を吸わなくてもイライラが起きません。
ニコレットの使用量は喫煙本数と煙草の依存度の具合によって決まります。
1日最大24個までとされています。徐々に戸数を減らしてゆき、大体3カ月を目処にニコレットを噛むのを止めます。
最後は、1日1個~2個噛むだけの状態となっているでしょう。
外国から個人輸入をすると、ニコレットは100個前後が2200円くらいで購入できます。
日本ではメーカー希望小売価格が、96錠60円です。
日本では日本の煙草の値段に合わせてニコレットの値段が値上げされた状態で売られているのです。値上げされていても製品は外国で売られているものと同じです。
したがって、個人輸入をすれば外国で売られている価格で手に入りますが、個人輸入はあくまでも自己責任です。
しかし、個人輸入会社が実績があり、主な商品については鑑定書を掲載している様な、信頼できるサイトを利用すれば、安心して購入できますので、一つの選択肢と考えていいでしょう。
ニコレットは、日本ではたとえば香港よりは値上げされた日本の煙草代に匹敵する価格で薬局やドラッグストアで指定第2類医薬品として販売されています。
噛む時は15分ほど噛んでピリッとした味を感じればそれはニコチンが口の中に出てきた証拠なので、それから苦味が消えてからまた15分ほど噛み、再び、ニコチンが口の中に出て来ると言うのを確認して髪型を間違えなければ、禁煙は楽になります。