禁煙補助剤として有名なニコレット

ニコレットは、禁煙を試みた事のある方ならば、一度は試した事のある禁煙補助剤ではないでしょうか。しかも、医師の処方箋いらずで、どなたでも気軽に試せます。そんなニコレットをご紹介します。

ピリドキシン塩酸塩の作用、喫煙する不良とニコレット

タンパク質の代謝、皮膚の抵抗力を強化する作用を持つピリドキシン塩酸塩は、ビタミンB6とも呼ばれている水溶性ビタミンを塩酸塩にしたもので、ピリドキシン塩酸塩は皮膚炎などにも効果を持つと言った特徴が在ります。

免疫機能が低下することで様々な症状が起きる事になりますが、ピリドキシン塩酸塩には免疫機能を正しくし、抗アレルギー作用が在ることからも皮膚の疾患などの治療にも役立てる事が出来ます。

また、ピリドキシン塩酸塩は神経伝達物質の合成にも大きく関わるのが特徴で、インスリンの合成に働いて、抗体および赤血球を作り出す際にも不可欠な存在であり、腸内細菌により体内で合成されると言った特徴を持ちます。

所で、神経伝達物質の一つにドーパミンが在りますが、喫煙をすることでドーパミンが分泌されてリラックス効果や喫煙による満足感を味わえると言った特徴を持ちます。

喫煙をするのは成人を迎えてからと言う事になるわけですが、未成年は喫煙が法律では禁じられており、喫煙をする未成年者は不良と言ったレッテルを貼られてしまう事になります。

不良と言うのは様々では在りますが、法律で禁止されている事を行う不良と言うのは良いものでは無く、未成年者による喫煙が何故良くないのかを理解する事が大切です。

喫煙は健康を阻害するものであり、身体が成長期を迎える成人前と言うのは成長停止と言った事も起きるなどの理由からも、喫煙は20歳の成人を迎えてからと法律で定められているわけです。

禁煙をしたいけれども中々出来ない人が利用する医薬品にニコレットが在ります。
ニコレットはニコチンが含まれている禁煙補助剤で、煙草を吸いたくなった時に1個のニコレットを口に含んで30分から1時間ほどかけてゆっくりと噛んでいることで煙草への欲求を抑えてくれる効果を持ちます。